いちご鼻の治し方・ニベア編

MENU

いちご鼻の治し方・ニベア編

ブツブツになったいちご鼻を治すのにニベアクリームが有効だとネットでも話題なのをご存知ですか。ニベアクリームは、お肌を乾燥から守る働きがあり、しかもドラッグストアやコンビニ、スーパーなどでかなりお安く買えるので多くの方が使った経験があると思います。いちご鼻って、なんだか脂っこいけれど、ベタベタした感じのあるニベアクリームを塗って本当に効果があるのかなと思う方も多いと思います。実際には、ニベアは肌荒れを防ぐ役割がありますが、いちご鼻になっている場合には、毛穴が開いていたりお肌のバリア機能が低下しているなどの肌トラブルを起こしている場合が多いです。ニベアクリームは、毛穴の開きや吹き出物などでダメージを受けている肌を「保護」、「保湿」、「整肌」の効果が期待できます。肌の乾燥を防いでバリア機能を高めて肌が回復する環境を整える役割があります。具体的な使い方は、手のひらで温めて柔らかくしたニベアを洗顔後のお肌全体に薄く塗ります。ニベアのテクスチャはかなり硬めなので、まだ顔が濡れているうちに塗るか精製水などを肌に振り掛けてから使うのがオススメです。ベタベタ感が気になるという方は、化粧水をつけてから手のひらで温めたニベアを薄く塗って、その後、ベビーパウダーを付けるとべたつきが抑えられます。顔全体のバリア機能を高めることで、鼻から皮脂が過剰分泌することを防ぐ役割もあります。多くの大人の女性の肌は、乾燥している為、肌が自らを守ろうとして過剰に皮脂を分泌した結果、Tゾーンだけがテカってしまうということがあります。皮脂が過剰分泌をすると、常に毛穴から脂が出てくる状態なので鼻の毛穴は開きっぱなしになってしまいますのでニベアで保湿することがいちご鼻対策に効果的です。